サラリーマンが副業でFXを始めるには?

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部
サラリーマンが副業でFX

FXが稼ぎやすいと言われる理由は様々なところにありますが、実際FXを行って損をしてしまう人も少なからず存在します。思い切った損切りができないことも理由の1つですが、FXのシステムを有効活用できないことも理由として挙げられます。FXのシステムは、忙しいサラリーマンの方でも仕事に支障をきたすことなく取引ができるよう考えられているものが多くあります。会社にバレることなくFXを行う方法も含めてご紹介していきます。

忙しいサラリーマンの強い味方

FXが人気である理由の1つとして、「いつでもどこでも取引可能」が挙げられます。FXは平日であれば24時間取引が可能です。1日中取引ができるので、忙しいサラリーマンの方でも仕事の合間に手軽に確認できたり、仕事が終わった後に取引を行うことができます。
さらに、仕事で手が離せられないときの対応として自動的に取引を行ってくれる機能もあります。予め価格を設定して、「この価格になったら売る」「この価格になったら買う」や、「損失額がここまでになったら決済を行う」など、自分で確認できないときでも予めの設定により自動的に取引を成立させてくれるのです。
初期投資も少なく済み、開設費や維持費、年会費も無料で、さらに口座開設の時間は最短5分と、他の資産運用と比べてサラリーマンの方が始めやすい理由がたくさんあることから人気の副業として広まっているのです。

会社にバレる可能性を早期に摘み取る

FXも他の副業と同様に確定申告が必要になります。何もせずにFXで利益を上げてばかりいると、源泉徴収により会社側にバレてしまうことがあります。FXでの収入は雑所得扱いになり、現在は給与所得とそれ以外の所得(雑所得を含む)を合算した総合課税という形が取られているからです。普通徴収(自分で納付すること)にしないと、会社側の明細で給与支給額以上の税金が引かれてしまうので、会社側が「あれ?この人の税金なんか多いな」と疑問を抱き、そこから発覚してしまうのです。
つまり、確定申告をきちんと行い、徴収方法を普通徴収にすることで会社に副業がバレるのを防ぐことができます。普通徴収にしていても役所から会社に電話がかかってくる場合もありますので、予め役所に相談をして会社に連絡が入らないようにしておくことをオススメします。

仕事に支障を与えない目標金額を設定しよう

「FXで月100万円」等の言葉に影響を受けてFXを始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、これは「毎月100万円をコンスタントに稼いでいるわけではない」ということを覚えておきましょう。
サラリーマンの方が副業でFXを行う場合、月5万円であったり、月10万円であったり、「このくらいあればちょっといい生活ができる」という金額を目標金額としましょう。それは、主とする職業をおろそかにしてはならないからです。また、多くの収益を得るためには投資額も大きくする必要があります。初期投資が4,000円と1,000,000円ではどちらが多くの収益を一度に上げられるかは明白です。あくまでFXは副業として行いましょう。そこでノウハウを得て、結果を残すことができたら投資家へと進んでもいいですが、最初から目指すと足元をすくわれてしまいます。

最初はレバレッジを低く設定しよう

始めのうちはレバレッジを低く設定するようにしましょう。レバレッジとは元手にかけられる倍率のことです。レバレッジは、高く設定した分利益も大きくなります。
例えば1ドル100円の為替相場を30ドル分購入したとして、その後、1ドル105円まで上がったとしましょう。レバレッジを設定しなかった場合、取引額:3,000円 時価(上がった後の価格):3,150円 利益:150円 となります。しかし、レバレッジを25倍に設定した場合、3,000円の出資で75,000円の取引ができることになるので、取引額:75,000円 時価:78,750円 利益:8,750円 となります。(※手数料は計算式に含めていません。)
このように、レバレッジの有無によって利益に大きな差が生じるのです。

しかし、レバレッジを高く設定することはハイリターンにもつながりますが、同時にリスクも高くなります。これはレバレッジが損失にも関わってくるからです。相場が上がれば利益も大きくなりますが、相場が下がればその分損失も大きくなる諸刃の剣なのです。

レバレッジを高く設定するとハイリスク・ハイリターンに。
レバレッジを低く設定するとローリスク・ローリターンに。

相場は常に変動します。大きな変動はなくとも、毎日常に動いている生き物のようなもの。つまり、ある程度の予想はできても正確な予想はできないのです。ですから最初はレバレッジを低く設定し、慣れることから始めていきましょう。失敗する方の多くが、このレバレッジで損失を大きくしているのです。

分散投資でリスクを回避

忙しいサラリーマンの方にとっては「1サイトでの取引」を考える方が多いのではないでしょうか。しかし、結論から申し上げますと複数のサイトで登録を行う方が利益を生み出す確率は高いと言えます。
FX業者によってサービス形態が違ったり、状況に応じての使いやすさが大きく異なり、「インターネット」を使うことからサーバーダウン等のリスクも負っているからです。
多くのトレーダーの方は複数口座を開設し、複数のFX会社を利用しています。敏腕トレーダーになると、各々のFX会社の特徴を把握し、自分が行いたい取引内容にマッチしたFX会社を選別してトレードを行う方法を取っています。

サラリーマンの副業にピッタリのFX

時間的な融通、資金的な融通、そして多忙な方でも自動的に決済ができるシステム。これらにより、FXは始めやすく、仕事が忙しいサラリーマンでも手軽に行える投資として、投資の敷居を下げた代表的な副業となりました。
しかし、その始めやすさから、きちんとした計画や内容理解をせずに手を出して痛い目を見る方が増えていることも事実です。目標金額をムリしない中で立て、本業をおろそかにしない範囲でシステムを上手に活用し、今の生活にちょっとしたゆとりを生み出していきましょう。

サラリーマンでも副業でFXをしよう!