FX用語:ロスカットとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部
ロスカットとは

FX用語『ロスカット』について分かりやすく解説します。

ロスカットとは

ロスカットとは、自分がまだ決済していない取引の損害が一定以上大きくなったら、自動で強制決済されるシステムです(強制ロスカット)。決済までの金額は、その時持っている証拠金と含み損で決まります。

ユーザーを守る強制ロスカット

強制ロスカットとは

強制ロスカットと聞くと、大きく損害が出るなど良いイメージが無いように思えます。ですが実際は、強制ロスカットがあるおかげで口座以上(証拠金以上)の損失が出ないようになっているのです。
しかし、システムで行っているので為替の急変動やインターネットの回線混雑などで、ロスカットするポイントに到達してから決済をするまでにラグが発生し口座以上の損失が発生することもあります。あくまで補助的なものと考え、無謀な取引はしないようにすることが、FXで利益を出していくコツです。

ロスカット対応のFX会社で始めよう