FXで稼ぐための10の必勝法

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部
FXで稼ぐ

FXで稼ぐためにFX初心者が失敗しないように分かりやすくアドバイスします。内容はFX初心者向けの入門編となっております。FXで稼ぐためには「FXを続ける」必要があり、すぐに予算を溶かしてしまえば元も子もありません。FXで稼ぐためには最初は根気強くFXそのものに慣れることが大切です。


FXで稼ぐ人・失敗する人

FX取引は「買う」か「売る」かの2択です。その選択が正しければ稼ぐことができますし、間違えると損することになります。人の心理として、損することには非常に抵抗を感じます。実は、FXで失敗する人の一番の特徴は常に勝ちたいと思ってしまうことなのです。FX取引において、長年第一線で活躍しているトレーダーも、どんな素晴らしいシステムトレードも、100%の勝率を上げることは決してありません。みんな勝ったり負けたりを繰り返しているのです。FXで稼ぐための10の大切なことを紹介します。

1. 無謀な賭けをしない

FXは、為替の差益で利益が生まれると同時に、予測より逆に相場が動いた場合の「損失のリスク」があります。FXはギャンブルではないとまず考えることが重要です。運まかせに一度の勝負に賭けることは、勝った時のリターンは大きいものの、負けた時のリスクも大きくなります。FXは勝ったり負けたりを繰り返すのが当たり前なので、三歩進んで二歩下がるといったイメージでコツコツ利益を重ねていくことが大事です。

2. 放置しない

資金が少ない時は、長期的なトレード方法には向きません。数分~数時間の間で取引を行うデイトレードや数秒~数分の間で行うスキャルピング手法が向いています。また、注文時には決済のタイミングを予め仕掛けることができるので、「このレートになったら自動的に決済される」といった設定を忘れずに行うと良いでしょう。何もせず放置しておくと、相場がプラス方向へ動いたときは良いのですが、反対方向へ動いたときにロスカットになるなど思わぬ損失になってしまいます。

スキャルピングとデイトレードの違い
ロスカットとは

3. 利益確定と損切りを小まめに

相場が想定のプラス方向に動き、利益が出た場合の決済を利益確定(略してリカク)。反対に損失が出た場合の決済を損切りと呼ぶことがあります。決済をどのタイミングで行うかは非常に難しい判断になりますが、まずは大きく利益を上げることよりも、損失を小さく留めることが肝心です。大きな利益を狙うのはリスクも含まれるので、もっとFXに慣れてからが良いでしょう。

4. 注文方法を知ろう

FXは基本的に、売るか買うかの2択ですが注文の仕方は様々あります。
例えば「今すぐ買う」だったり「このレートになったら売る」だったり「これくらい差益が出たら売る」など、それらの注文方法を状況に応じて使い分けることが必要です。上記の損切り一つとっても、指値・逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文など様々な注文方法があります。まずは注文方法を調べるところから始めましょう。

FXの注文方法

5. 通貨ペアを絞る

通貨ペアとは、「米ドル/円」「英ポンド/円」「米ドル/ユーロ」など、何の通貨を何の通貨で売買するかといったものです。例えば英ポンドは為替変動が激しく、米ドルが1円動くところを英ポンドだと2円、3円動くことがあります。これはこれで短時間で利益を出すにはいいのですが、逆に損失も大きいです。はじめのうちは「米ドル/円」など一つの通貨に絞った方が良いでしょう。チェックする経済指標やチャートも絞れるので、効率の良い取引ができます。

通貨ペアとは

6. ファンダメンタルズ分析を知ろう

ファンダメンタルズ分析とは、チャートを使わない分析方法です。FXを行うには経済指標カレンダーが必需品です。国の雇用統計やGDP、政策金利などといった「国の経済・財政状況」の結果を分析します。このような経済指標はあらかじめ日程が決まっているので、その発表の時間に為替が大きく変動することが頻繁にあります。また、このような経済指標以外にも、例えば「アメリカ大統領の選挙結果」や「ギリシャ経済破綻」など経済のニュースも大きな影響を与えます。Yahooニュースなどでも良いので経済のニュースに目を通すことを習慣にすることをおすすめします。

経済指標とは

7. テクニカル分析を知ろう

テクニカル分析とは、チャートを使って分析するやり方です。過去と現在の為替の動きに注目して、未来の為替の動きを予測します。難しいように感じるかもしれませんが、チャートの見方には一定のルールがあります。そのルールさえ覚えれば「今が買いのチャンス、売りのチャンス」ということがわかります。ローソク足の見方やテクニカル指標の使い方など、テクニカル分析のやり方も当FXウォーカーで解説しています。

FXチャートの見方

8. 収支表をつける

エクセルやスプレッドシートなどで「日別」と「月別」の収支表を付けると良いでしょう。もし目指すところが安定収入であれば、面倒くさいかもしれませんが初めから習慣づけることが大事です。

「日別」は、日々の取引履歴です。種別(買か売か)/+PIPS/-PIPS/Lot数(1万通貨単位)/通貨ペア/利益(金額)/損失(金額)このような項目を横に並べ、FX取引を行った日ごとに記録します。

「月別」は、トータルの収支履歴です。獲得PIPS/+PIPS/-PIPS/取引回数/勝率/PF/月間利益(金額)このような項目を横に並べて、月ごとに集計します。

注意点としては、毎回の収支を金額ベースではなくPIPSベースで考えることです。つまり「何万円買った」ではなく「何PIPSプラスだった」という考え方にシフトすることが重要です。PIPSとは為替の変動差のことで、1pips=1銭で計算します。

9. スプレッドが低いFX会社で運用

スプレッドは売り買いごとに発生するので、スキャルピングやデイトレードなど、短期で何度もトレードをする場合はできるだけ低いスプレッドのFX会社を利用することが利益を上げるために重要です。スプレッドが低いほど、利益はより大きくなり、損失はより小さくなります。

FXスプレッドとは
FX会社 スプレッド比較

約4千円からOK!口座数No.1「外為オンライン」