FXで円高や円安を利用して儲ける!

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部
円高・円安

FXで収益を上げるために必要な円高・円安時の取引。特に円高傾向にあるときは上手に取引をしないと思わぬ形で損失が生まれてしまい、資金をどんどん減らしてしまうことになります。円高時、円安時の基本的な取引の仕方をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

円高・円安時の基本

為替レートが1ドル=100円である場合、1ドル=110円になれば「円安」、逆に1ドル=90円になれば「円高」にレートが動いたと言えます。つまり、円安に動くと思った場合は「ドルを買う(=円を売る)」→「円を買う(=ドルを売る)」ことで利益が生じます。1ドル100円が110円になったため、差額の10円が利益になります。

逆に、円高に動くと思った場合は「円を買う(ドルを売る)」→「ドルを買う(円を売る)」とすれば利益が生じます。ここでは、1ドルで100円に換金を行い、1ドル=90円のときにドルを買い戻すため、差額の10円の収益になるのです。

このように買った時のレートと売った時のレート差で収益を上げることがFXでは基本になります。この差のことを為替差益(損失の場合は為替差損)といいます。

私達の使用している通貨は「円」なので、少しわかりにくく感じてしまう方もいるかもしれませんが、一方方向からだけの見方ではFXは成立しないのです。2国間の通貨の為替レートの差額が利益になるのですから、相手国の通貨を基準に考えることも非常に大切になるのです。これは、FXを始めるときに「円高」であった場合、外貨売りからスタートさせる必要があるため、しっかり覚えておきましょう。

初心者は円安を狙う

初心者にとって、円安に動くと予想できる時が一番シンプルに考えることができるタイミングです。あまり難しく考えずに取引を行いましょう。円安方向に動くことが予想される場合は、円を売って相手国の通貨を買い、円安が進んだときに相手国の通貨を売って円を買いましょう。

また、円の金利が低いことから同時にスワップポイントで稼ぐこともできます。特に豪ドルなどの高金利の外貨との取引を続けることでスワップポイントによる収益が見込めます。

円高時は外貨を中心に考える

FXでは、円を中心に取引するだけでは上手に収益を上げていくことは難しいので、円高時は外貨を中心に考えるようにシフトチェンジしていきましょう。

円高方向に動くことが予想される場合は、外貨を売って円を買い、円高が進んだときに円を売って外貨を買いましょう。このとき、円は金利が低いことからスワップポイントはマイナスになる可能性が高いため、多額の取引をして為替差益を狙っても、スワップポイントで損失を被る場合がありますので注意が必要です。

円高時でも負けない運用を

為替レートは国際情勢の影響を受けるため、円高が数年間続くこともあります。FXトレーダーにとっては悩みのタネです。

円高時にはとにかく「円を売る」ことを第一に考えましょう。保有し続けていても損失が発生し続ける、もしくは利益がわずかしか出ない状況もありえますので次の取引に備えるためにも思い切って取引を解消する必要があります。

次に外貨を保有し続けることを考えましょう。スワップポイントが安定している場合は利益が見込めますし、円安に切り替わるタイミングが近いと予想できれば、損失をカバーリングすることができます。ここは為替レートの動きを見極める力が必要となります。
ただし、証拠金維持率には注意をしましょう。初期投資で預け入れた金額が最初の維持証拠金となりますが、損失はこの維持証拠金から支払われるため、一定の維持率を下回った場合はFX会社から「証拠金を入金してください」という連絡(マージンコール)がかかってきます。これに応じない場合は強制的に円が売られてしまう(ロスカット)場合もあります。

円高、円安を把握してFXトレードの仕組みを知ろう

利益を上げる仕組みと円高、円安時に利益を上げるための方法をご紹介してきました。
円を用いた取引でFXの感覚を掴むことが一番最初に日本のトレーダーが行うべきことです。これに慣れてきたら、外貨同士の取引をすることでより収益を伸ばすことができるようになります。
円安・円高など頭の中がごちゃごちゃになりやすいものではありますが、混乱してきたら一度落ち着いて、実際に極端な数字の例(ありえないですが、1ドル=60円のときだとどうなるか、1ドル=250円のときだとどうなるかなど)を出して考えると意外とわかりやすくなります。
ぜひ実践して、少しでも早くFXの感覚を掴んでください。

円高、円安を利用してFXで儲ける!