FXの注文方法を知ろう!

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部
FXの注文方法

FXには様々な注文方法があります。注文方法を使いこなすことでFX取引がスムーズになります。最近は自動売買も人気です。


FXの注文方法

FXの取引を行う際に「注文方法」を必ず選びます。以下が主要な注文方法です。

成行注文(なりゆき注文)

成行注文はFX取引の基本中の基本です。「今このレートで買う(もしくは売る)」という注文方法です。FX会社によって呼び名は様々で、クイックトレード注文、ストリーミング注文なども全て成行注文です。

指値注文(さしね注文)

指値注文は「このレートになったら買う(もしくは売る)」という注文方法です。今のレートより低く買いたい、もしくは高く売りたいときに指定する注文方法です。

指値注文

逆指値注文(ぎゃくさしね注文)

逆指値注文は「このレートになったら買う(もしくは売る)」という注文方法です。今のレートより高くなったら買いたい、または低くなったら売りたいときに指定する注文方法です。

逆指値注文

OCO注文(オーシーオー注文)

OCO注文とは、「このレート、もしくは、このレート(つまり2つのレート)になったら売る(もしくは買う)」といった2つの注文を同時に出す方法です。一方が約定したらもう一方が自動的にキャンセルされます。上昇するか下降するかの判断に迷った場合に有効です。通常は指値注文と逆指値注文を同時に出します。

OCO注文

If Done注文(イフダン注文)

If Done注文とは、指値・逆指値を設定した「新規注文」と「決済注文」を同時に出す注文方法です。新規注文が約定されると決済注文が自動的に発注される仕組みです。

If Done注文

If Done+OCO注文(イフダンオーシーオー注文)

If Done+OCO注文とは、If Done注文とOCO注文の両機能を統合したものです。新規注文が約定した場合の決済注文をあらかじめOCO注文で設定することできます。

If Done+OCO注文

トレール注文

トレール注文は、「相場の動きに合わせて逆指値注文のレートを自動調整してくれる注文方法」です。大変便利な注文方法ですが、対応しているFX会社と対応していないFX会社があります。

トレール注文・自動売買にも対応!